勉強を習慣化させよ

総合病院で勤務する看護師の場合、毎日が同じことの繰り返しのように感じることがあります。
仕事には変化がつきものですが、医療の現場において変化といわれるのはあまり良い状態ではないことの方が多いようです。
同じ診療科で1年は経験を積まないと、看護師としては認められないようです。
希望する診療科があったとして、転属を申し出るには必要な知識や資格があるとスムーズかもしれませんが、それでも最低今の診療科を1年以上は経験してからにしましょう。
小児科を志望するのであれば、中には児童心理学を学ぶ看護師もいます。
カラーセラピストなども最近は治療の1つとして考えられていますので、このように関連する資格や知識を身につけておくとよいのではないでしょうか。
仕事をしながら勉強をするのは大変ですが、実際に多くの先輩たちが行っていることなので、難しいことではありません。
学生時代の勉強をする習慣を、仕事を始めてからも続けておくことが秘訣のようです。
看護師の仕事は常に勉強をしていかなくてはすぐに置いていかれてしまいます。
その為に施設内では研修会や勉強会なども開催しているので、必ず出席をして自分の能力や知識を高める努力をしておきましょう。
そして希望する診療科に必要だと思われる資格や免許には、積極的に取り組む姿勢も大切です。
医療の世界は変化が早いので、何もせずにいればあっという間に取り残されますし、常に情報に敏感になり、勉強する努力を怠らなければ認められますし、より良い環境で仕事をすることも可能になってきます。
仕事と遊びをしっかり区別すること。それがこれからも看護師として、より成長する為に必要なことかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です